B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎ウィルス感染について知ってほしい5つのこと

B型肝炎ウィルス感染について知ってほしい5つのこと

医者

B型肝炎ウィルスとはそもそもどんなものなのでしょうか?感染するとはどのようにするのでしょうか?予防方法や検査方法は?気をつけることは?その後の備えは?など、疑問や不安に思うこともたくさんあると思います。

ここでは、B型肝炎ウィルスの感染について、知っておいてほしいことを5つに分けてご紹介します。

B型肝炎、まずは感染から保険まで、基礎知識を知っておこう

まず、感染経路について。B型肝炎の感染経路には、母子感染、血液感染などがあります。現在感染している方のうち、B型肝炎給付金の対象となる可能性のあるのは、母子感染の方です。どのような感染なのかを説明します。

次に、予防接種について。子供のころにB型肝炎ウィルスに感染すると持続感染者となる可能性が高くなります。それを防ぐため、赤ちゃんのうちに予防接種をする動きが始まっています。

あなたは、B型肝炎の検査を受けたことがありますか?

必ず、一度は検査を受けましょう。その後は、感染したかも、と少しでも不安に思ったら検査を行うことが重要です。検査方法や検査のタイミングについて紹介します。

B型肝炎に持続感染すると、キャリアとなり、今度は、他の人にうつしてしまう危険性があります。自分はキャリアになりえるのかを確認していきましょう。

最後に、B型肝炎ウィルスに感染していても、生命保険に入れるのか、心配している方に、保険について、加入する際のポイントについて紹介します。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.感染経路について

B型肝炎に感染する恐れがある「経路」などをご紹介していきます。やむを得ない感染経路から、正しい知識を持っていれば避けることができる感染経路もあります。

  • 母子感染
  • 血液感染
  • 体液感染

上記の3つが主な感染経路となります。

B型肝炎に感染することが怖いからといって、むやみに潔癖にならなければいけないということはありません。また反対に、簡単に感染するわけがないと気楽に考えてしまうこともおすすめはできません。

どのような感染経路があり、それらはどのように予防することができるのかということを「正しい知識」で把握しておくことが大切です。

本人には全く問題がないのに感染してしまうケースもあります。自身を守るため、そしてB型肝炎の罹患者がいらぬ中傷を受けないためにも、それぞれの詳しい経路についても解説していきます。

>>感染経路について

2.予防接種について

B型肝炎を予防する際に一番的確かつ、簡単な方法として「予防接種」を挙げることができます。B型肝炎の予防接種は赤ちゃんの頃に受けることができ、2016年より無料化しているものです。

国の施策によってB型肝炎の感染例自体も減少傾向にあります。予防接種の必要性についても、重要視されていない方も多くなってきているでしょう。

しかし、減少傾向にあるといっても、まだまだ根絶されているわけではありません。特に子供のころにB型肝炎に感染してしまうと、抵抗力が少ない子供の体はB型肝炎の慢性化を招きやすいという現実があります。

B型感染そのものを根絶するためにも、新たな感染者、慢性疾患者を作り出さないということが非常に重要になります。

こちらのページでは、そもそも予防接種を受けなかった場合の危険性、予防接種を受けなかった際に起こる体内の問題について詳しく解説していきます。

>>予防接種について

3.検査について

B型肝炎かどうかを調べる検査は血液検査です。陽性の場合、肝機能に関する精密検査を行うことになります。

B型肝炎の新たな罹患者は減少傾向にあるものの、現実にはまだまだB型肝炎の感染者は多くいます。

キャリアの間は自覚症状がないことから、自身がB型肝炎のキャリアだということを自身でも気づいていない方が多く、感染が広がってしまうという一面もあります。

どのような病気であっても同じように言えることですが、早期発見早期治療が病気改善のためには一番大切なことです。特にB型肝炎は人から人へと感染していく病気です。

自身の体の健康はもちろん、自身がパートナーやお子さんへの感染源になってしまう危険性も考えられるのです。

今までに一度もB型肝炎の検査をしたことがない、という方は是非一度B型肝炎の検査を受けてみましょう。

こちらのページでは、そもそもB型肝炎の検査とはどのような検査をするのか。

またB型肝炎の検査を受けることができるのはどのような場所になるのか。そして検査を受ける際にかかる費用のことなどについて、気になる点を詳しく解説していきます。

思い当たることがある方はもちろん、B型肝炎のことなど気にしたこともなかったという方まで、一度は検査をしておくことがおすすめです。

B型肝炎のウィルスが発見された際にはそのまま早期の療養が望めます。

>>検査について

4.キャリア(保菌者)について

キャリアとはB型肝炎ウィルスを体内に持ち、持続的に感染し続けている方のことを指します。自身がキャリアであるかどうかについては、検査によって確認することができます。

キャリアの間は自覚症状がないため、検査をしなければ肝炎などの病気が重篤化しない限り、自身がキャリアであることを自覚することは難しいでしょう。

キャリアであることが判明したら、自分の健康を守ることはもちろん、パートナーやお子さんへ移さないためにも日常生活で注意すべき項目もいくつかあります。

こちらのページでは自身がキャリアであるかどうかの検査方法、またキャリアであった際の注意点、給付金をもらえる可能性などについて詳しく解説していきます。

>>キャリア(保菌者)について

5.生命保険について

自分がB型肝炎に感染している、と判明した際に気になるのが「生命保険」への加入問題についてではないでしょうか。

改善することはできても、一生付き合っていかなければいけない病気であるだけに、B型肝炎感染という持病があると「生命保険に入りにくい」という問題があることは確かです。

しかし現在では、持病があるから絶対に生命保険に入れない、というわけではありません。

さまざまな保険商品がある現在では、B型肝炎感染者でも加入できる保険が多数用意されています。

こちらのページでは、生命保険に加入しておく必要性、また加入する際に気を付けるべきポイントや、B型肝炎の感染者であることを明示する必要性など解説していきます。

>>生命保険について

▲ページトップ