B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎ウィルス感染について知ってほしい5つのこと » 生命保険について

生命保険について

B型肝炎に感染してしまった、持続感染している、という場合は、自分が病気持ちということで、生命保険にも加入できないのではないかと、あきらめている方も少なくありません。

しかし、病気だと生命保険に入れない、というのは、ひと昔前のこと。

B型肝炎の持続感染者でも入れる生命保険は多数存在します

今では、いろいろな保険商品が出ていて、病気の場合でも入れる保険、もちろん、B型肝炎感染者でも入れる保険が数多くあります。

特に、大手の保険会社では、B型肝炎キャリアの方でも入れる生命保険を取り扱っていますので、一度問い合わせてみることをオススメします。

生命保険に入る際には、必ず、自分がB型肝炎に感染していることを伝える必要があります。加入には条件や制約がある場合がありますので、加入前によく確認しましょう。

B型肝炎の持続感染者の場合、今は症状のない無症候性キャリアだとしても、数年後に肝炎に発展する可能性が低くありません。生命保険に入っておくことは必要でしょう。

肝臓の病気でなくても、他の病気や怪我をする場合だって考えられます。全体を考えると、やはり、生命保険の加入は必要であると言えるでしょう。

自分の感染を隠して生命保険に入ってしまうと、後で保険が必要となったときに保険金が下りないという事態が生じます。保険に入る際には、必ず、状況を説明しましょう。

また、既に生命保険に入っていて、その後、B型肝炎の感染が確認された場合も、速やかに保険会社に相談するべきです。

▲ページトップ