B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ

【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ

過去の集団予防接種が原因で、B型肝炎に感染した方は、B型肝炎給付金の対象となります。

B型肝炎給付金の給付金額一覧

給付金をもらうためには、訴訟を起こすなど、なかなか手間のかかる手続きが必要となりますが、それで和解したとして、いったい、いくらもらえるのでしょうか?

給付金の額は、その病状により異なります。以下に、簡単に一覧表にしてみました。

B型肝炎による病状 給付金額
死亡、肝臓がん、重度の肝硬変 3,600万円
軽度の肝硬変 2,500万円
慢性肝炎 1,250万円
無症候性キャリア 600万円

このように、実際に肝臓の病気を発症している場合は、1,000万円以上は給付されることになります。そのほか、弁護士費用の補助金なども支給されますので、対象の場合は手続きをとるのがよいと思います。

民法の取り決めで、訴訟の起こせる除斥期間は20年で、病状により、既に過ぎてしまっている場合もありますが、その場合でも減額して給付金が下りることがあるので、あきらめず、まずは専門家に相談してみることをオススメします。

ここでは、病状ごとに、説明していますので、参考にしてください。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

▲ページトップ