B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ » 肝臓がんの場合

肝臓がんの場合

肝臓がんまで症状が進行してしまった場合、B型肝炎の給付金はいくらもらえるのでしょうか。調べてまとめてみました。

肝臓がんの場合のB型肝炎給付金の金額は?

肝臓がんとは、その名のとおり、肝臓の癌です。肝硬変などで肝臓細胞が死んでしまうだけでなく、肝臓の細胞が癌化してしまう病気です。

肝がんには、肝臓そのものから癌化した原発性と、他の臓器から転移して起きた続発性がありますが、B型肝炎から発展した癌は原発性の肝臓がんと言えます。

B型肝炎給付金の対象で、肝臓がんにまで発展してしまった場合の支給額は以下のとおりです。

【肝臓がんの場合】
  • B型肝炎給付金 3,600万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 144万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用

肝臓がんは肝臓の病気の末期です。普通の肝臓がんと違い、B型肝炎ウィルスで肝臓がんにまで悪化してしまうと、治癒することは難しくなります。

肝臓移植なども考えながら、肝臓がんを悪化させないために、治療を行っていくことになります。そのまま進行してしまうと、最悪の場合も考えられます。

過去の集団予防接種などでB型肝炎に感染し、そのまま長い間B型肝炎ウィルスにおかされながら、肝臓がんにまでなってしまった場合、すぐにB型肝炎給付金の手続きを行い、1日も早く給付金を受けとる手続きを進めることをオススメします。

現実的には治療や生活など、日常的にお金はかかるものです。

肝臓がんの場合は、自分で思うように動けないと思いますので、法律事務所に相談し、速やかに動いてもらいましょう。

▲ページトップ