B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ » 無症候性キャリアの場合

無症候性キャリアの場合

無症候性キャリアとは、たしかにB型肝炎ウィルスに感染はしていますが、特に明確な症状が現れていない状態のことをいいます。

B型肝炎の無症候性キャリアでも給付金はもらえる?

しかし、たしかにB型肝炎ウィルスは持っているので、キャリアとして、人に感染させてしまう恐れがあります。

また、いつ、肝炎になるかもわからないので、定期的に検査が必要となります。
無症候性キャリアの場合も、対象者と認定されれば、訴訟を起こして和解金をもらうことが可能となります。

【無症候性キャリアの場合】※除斥期間内
  • B型肝炎給付金額 600万円
  • 訴訟にかかる弁護士費用 24万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認する検査費用


また、無症候性キャリアの場合、除斥期間が感染時から換算して20年となっていて、それを過ぎると、特定無症候性持続感染者、という扱いになります。

【特定無症候性持続感染者】※除斥期間経過後
  • B型肝炎給付金額 50万円
  • 訴訟にかかる弁護士費用 2万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認する検査費用
  • 慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  • 母子感染防止のための医療費
  • 世帯内感染防止のための医療費
  • 定期検査手当

無症候性キャリアで、特に症状が出ていないからといって安心することはできません。無症候性キャリアの約10~20%は、慢性肝炎に発展しています。さらに慢性肝炎になると、肝硬変、さらには肝癌へと発展することがあります。

特に、出産時や乳幼児期に感染した場合、免疫機能がうまく働かず、そのままキャリア(持続感染者)となる可能性が高くなります。

しかし、成長するに従って、免疫力が増し、B型肝炎ウィルスを排除しようと働きだします。この働きは、肝臓の細胞にも悪影響を及ぼすため、成人してから肝炎を発症することもあるのです。

このように、無症候性キャリアは、発症していないからといって、安心はできません。

無症候性キャリアだからと言って安心できない理由

B型肝炎ウィルスに感染しているものの、肝機能障害が出ていない状態を無症候性キャリアと言いますが、将来的な発症に備えて給付金が支払われるのです。実際、乳児期にB型肝炎に感染した方が、10~30代に肝炎を発症するケースもあります。ただし、その内の80~90%は、肝炎症状も軽く肝機能障害に発展せずに済んでいます。その際の血液中の変化は以下のようになります。

  • HBe抗原の消失→HBe抗体が出現→自覚症状が出ない

HBe抗原はHBVウィルスの有無を示す抗原なので、消失してHBe抗体が出現するということはB型肝炎の症状自体が回復しているということになります。しかし、症状の出方には個人差があるため定期的な検査は欠かせないと言えます。

給付金の対象である場合は、早めにアクションを起こしましょう。まずは、法律事務所などに相談(相談は無料のところが多いです)することをオススメします。

▲ページトップ