B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ » 肝硬変の場合

肝硬変の場合

肝硬変になってしまったときのB型肝炎給付金の支給額をまとめました。

軽度・重度の肝硬変になってしまったときのB型肝炎給付金額とは

肝硬変とは、肝臓の細胞が死滅し、かわりに線維組織が異常に増加するため、肝臓が硬くなり、ほとんど機能しなくなる病気です。

突然、肝硬変になるわけではなく、肝機能障害が起き、肝炎になり、さらにそれが進行して肝硬変と悪化していきます。

B型肝炎給付金の対象で、肝硬変になってしまった場合、その病状の重さによって給付金の金額が変わります。

【軽度の肝硬変の場合】
  • B型肝炎給付金 2,500万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 100万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用
【重度の肝硬変の場合】
  • B型肝炎給付金 3,600万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 144万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用

肝硬変になってしまうと、既に自覚症状が現れ、日常生活にも支障が出ていることでしょう。B型肝炎ウィルスにより肝硬変まで発展してしまった場合は、治癒する可能性は低く、悪化を食い止める対策をとっていくケースが多いでしょう。

さらに、肝硬変が進行してしまうと、肝癌を発症し、最悪の場合は死も覚悟しなければなりません。

十分な治療を受けるため、日常生活の補償をしてもらうためにも、B型肝炎給付金の対象の場合は、速やかに手続きに入りましょう。

日常生活も大変だと思いますので、法律事務所に相談し、お任せするのがよいでしょう。

▲ページトップ