B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ » 亡くなっている場合

亡くなっている場合

B型肝炎が原因で肝臓の病気にかかり、亡くなってしまったという方もいらっしゃるでしょう。残された方の悲しみは計り知れないと思います。 そういった場合、亡くなった方に変わり、遺族の方が給付金の訴訟を起こすことができます。

B型肝炎が原因で死亡していても遺族が給付金を受け取れる

集団予防接種が原因でB型肝炎にかかり亡くなってしまった本人はもちろん、その母親から母子感染という形で二次感染し亡くなってしまった場合にも給付金が支給されます。

【B型肝炎が原因で亡くなられた場合】
  • B型肝炎給付金 3,600万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 144万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用

亡くなっているからと諦めることなく、給付金はきちんと請求をしていきましょう。

本人が亡くなっている場合、検査などを行うことはできませんが、病院のカルテなど証拠をそろえることで、B型肝炎給付金の対象であると証明できます。

本人がいない場合、集める資料も専門的なものが必要で、個人で集めることがさらに難しくなります。

遺族がB型肝炎給付金を請求する場合は、実績のある法律事務所に依頼するのがいいでしょう。

また、本人は亡くなっていますが、母子感染などでご自分もB型肝炎に感染しているという方も少なくありません。遺族としての請求とともに、ご自分の分のB型肝炎給付金を合わせて請求することもあります。

このような専門的な手続きに加え、本人の体の負担を考えても、専門家に依頼することをオススメします。

▲ページトップ