B型肝炎給付金制度HOME » 【病状別】B型肝炎で支給される給付金額まとめ » 慢性肝炎の場合

慢性肝炎の場合

慢性肝炎の場合のB型肝炎給付金の支給金額を調べてまとめました。

B型肝炎の給付金、慢性肝炎だといくらもらえる?

慢性肝炎とは、6カ月以上にわたって肝臓の炎症が続いている状態のことをいいます。このことにより、肝臓の細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなります。
残念ながら、慢性肝炎も初期のころは自覚症状もなく、知らず知らずのうちに進行していく恐ろしい病気です。

B型肝炎給付金の対象と認定されると、その病態により給付金の額が決められます。

【慢性B型肝炎の場合】※除斥期間内
  • B型肝炎給付金 1,250万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 50万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用

また、20年の除斥期間が過ぎた場合でも、その病態によって、給付金が支給されます。慢性肝炎を発症したと診断された日から20年が除斥期間です。

【慢性B型肝炎で現在もその状態の場合】※除斥期間外
  • B型肝炎給付金 300万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 12万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用
【慢性B型肝炎で現在は治癒している場合】※除斥期間外
  • B型肝炎給付金 150万円
  • 訴訟等に係る弁護士費用 6万円程度
  • 特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用

慢性肝炎は、進行すると、肝硬変や肝癌になる可能性があります。

生活習慣の乱れなどから発症する慢性肝炎とは違い、慢性B型肝炎はウィルスが肝臓内に存在します。それを排除しようと過剰に免疫細胞が活性化してしまうため、肝臓を傷つけ肝炎の進行も早くなります。

B型肝炎給付金の対象で既に慢性肝炎を発症している場合は、早めにアクションを起こし、確実に給付金をもらいましょう。

▲ページトップ