B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎の給付金とは?~全部わかるQ&A~ » 弁護団と法律事務所の違いって?

弁護団と法律事務所の違いって?

弁護団とは、ある訴訟(B型肝炎の場合はもちろんB型肝炎訴訟)について、それぞれの法律事務所の垣根を越えて、問題を解決するために結成された弁護士の団体のことです。

B型肝炎給付金請求で法律事務所・弁護団の違いはある?

B型肝炎訴訟の弁護団の結成は、もともと1989年に札幌で5人の原告が起こした訴訟がきっかけ。

この弁護団が2006年、国の責任を最高裁に認めさせたわけですが、救済措置が取られたのは訴訟を起こした5人だけでした。そのため、B型肝炎患者全体を救うために、全国各地でも弁護団が結成。やがて2011年に、国による謝罪と賠償、継続協議などを行う第三者機関の設置を行う基本合意を締結しています。

この弁護団は、札幌、新潟、東京、金沢、静岡、大阪、広島、鳥取、松江、福岡と、地域ごとに細かく分かれ、各地域でB型肝炎給付金の請求手続きに取り組んでいます。

東京や関東の場合は、全国B型肝炎訴訟東京弁護団が担当で、こちらに相談すると担当の弁護士が決まり、訴訟を進めてくれます。

しかし、B型肝炎の訴訟は実はやることは決まっていて、特に弁護団に頼まなければいけないということではありません。

B型肝炎訴訟で一番大変なのは書類集めであり、書類さえそろえてしまえば、後はどこの法律事務所で行っても同じ手続きになります。

B型肝炎訴訟は最寄の弁護団へ、というイメージもあるようですが、自分の身近なところにいる弁護士はもちろん、他エリアの法律事務所にも依頼は可能というわけです。

また、法律事務所を頼るときに見逃せないのが、その弁護士費用です。

B型肝炎訴訟を行った経験のあるかどうかや、書類集めについて適切なアドバイスをくれるかどうかも重要ですが、法律事務所間で一番差が出るのが費用面。

事前にいくつかの法律事務所を比較し、弁護士費用はいくらなのか、追加料金などは取られないか、などを確認して法律事務所を選ぶとよいでしょう。

▲ページトップ