B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎の給付金とは?~全部わかるQ&A~ » 請求資格を失うことはある?

請求資格を失うことはある?

B型肝炎給付金の除斥期間についてまとめているページです。

B型肝炎給付金の除斥期間って?

除斥期間とは、法的請求権が消滅する期間をいいます。

民法では、「不法行為の時」から20年経過すると、損害賠償請求権が消滅してしまいます。

つまり、B型肝炎給付金についても、20年経過すると法的請求権が消滅してしまうということです。

では、20年はどこからカウントするのでしょうか?

B型肝炎においては、無症候性キャリアの場合は集団予防接種をした日から、慢性肝炎を発症している方は発症した日から20年をカウントすることになります。

これにより、感染していても発症していない無症候性キャリアの方は、多くの場合は消滅している可能性が高くなります(昔の予防接種日からカウントするため)。

慢性肝炎を発症した場合は、発症日から計算するため、除斥期間を過ぎている可能性は低くなります。

ただ、除斥期間を経過していても訴訟は起こすことは可能です。もちろん、満額の給付金を受け取ることはできませんが、除斥期間を経過した方の給付金額も基本的に決められています。

例えば、無症候性キャリアの方の場合、20年以内であれば600万円の給付金ですが、除斥期間が経過してしまっている場合は50万に減額されてしまいます。

慢性B型肝炎で、20年以内であれば1250万円の給付金、除斥期間が過ぎていて今でも慢性肝炎の場合は300万円、既に治癒している場合は150万円となります。

これをみると、除斥期間が過ぎてしまっている場合は、本来の金額よりもかなり少なくなってしまうため、できるだけ早くアクションを起こすことが必要です。

▲ページトップ