B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎の給付金とは?~全部わかるQ&A~ » どんな人が対象になる?

どんな人が対象になる?

B型肝炎の給付金の対象となる方は、大きく分けて、一次感染者と二次感染者に分けられます。

B型肝炎給付金の対象となる条件は?

一次感染者とは、対象期間に集団予防接種を受け、B型肝炎ウィルスに持続感染している人(ウィルスを持っている人)を言います。

ちなみに、対象期間とは、国が集団予防接種での注射器の使い回しを放っておいた期間です。この期間に集団予防接種を受けた人、つまり1941年7月~1988年1月の間に生まれた人は、誰でも感染被害者である可能性があります。

もちろん、集団予防接種を行っていたからといって、必ず感染するものではないのですが、気になる人は一度検査を受けてみることをオススメします。最近では、行政の定期健診などでも、B型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを調べる検査が受けられます。

もし、B肝炎ウィルスに感染している場合でも、集団予防接種による感染ではなかった場合は給付金の対象でないため、経路を特定する必要が出てきます。

次に二次感染者ですが、これは母親から子供へ感染してしまったケースです。これを母子感染と言います。もし、母子感染でB型肝炎給付金の請求をするなら、母が一次感染者と認められていなければなりません(中には自分がB型肝炎に感染して調べてみたら、母も、兄弟も、というケースもあります)。

これらのほかに、平成26年1月24日から、父子感染による二次感染と、母子感染からさらに母子感染した場合も給付金の対象となっています。

また、既に感染した本人が亡くなっている場合でも、対象者の遺族に給付金が補償される場合もあります。すでに亡くなっているからとあきらめず、もし、その疑いがある場合は、一度専門家に相談してみると良いでしょう。

繰り返しになりますが、B型肝炎給付金の対象者になる条件は、幼少期の集団予防接種が根本的な原因だと思われるケースです。輸血などで感染した場合は、B型肝炎給付金の対象とはなりませんので、注意が必要です。

▲ページトップ