B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎訴訟(裁判)の基礎知識

B型肝炎訴訟(裁判)の基礎知識

B型肝炎訴訟は裁判です。ここでは、裁判の流れや実際の手続きに関して、体験談など、気になる内容について紹介していきます。

よくわかるB型肝炎訴訟

まずは、そもそもB型肝炎訴訟が行われる経緯を紹介します。
個人が訴訟を起こし、給付金を受け取れるようになったのは、その前に訴訟を起こし、国からの基本合意を勝ち取った経緯があるからです。

次に、訴訟の流れを紹介します。書類集めから始まり、実際に訴状を提出すると、どのように裁判が進んでいくのか見ていきましょう。

一番気になるのが、弁護士費用ではないでしょうか。

B型肝炎訴訟は個人で起こすことも可能ですが、専門的な手続きや出廷などもあり、弁護士に依頼するのが一般的で効率が良いでしょう。
しかし、弁護士費用がかかることも事実です。高いイメージのある弁護士費用について、B型肝炎訴訟の相場と、その後の補助金について説明します。

では、法律事務所はどこでもいいのでしょうか。

B型肝炎訴訟は流れ作業的に進みます。法律事務所による成果に違いはありません。
しかし、それぞれの弁護士費用は少しずつ違ってきます。そうした費用周りのポイントについてもまとめてみました。

そのほか、体験談についてもご紹介。訴訟が必要であるとわかっていても、なかなか一歩踏み出せないものです。実際に、B型肝炎訴訟を起こした方の声を聞いて、起こしてみて良かったのか、負担はどうだったのかなどをみていきます。

最後に、難しい用語について、箇条書きで説明しています。

それでは、それぞれをみていきましょう。

▲ページトップ