B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎訴訟(裁判)の基礎知識 » 法律事務所の選び方

法律事務所の選び方

ほとんど流れ作業ともいえるB型肝炎訴訟、どこの法律事務所に依頼しても変わりはないかと思いがちですが、そうでもないのです。

B型肝炎給付金のための法律事務所選び

本

B型肝炎の訴訟と聞くと、すごく専門的である印象を受けます。

実際、B型肝炎給付金の対象者であるという証明をするため、さまざまな書類が必要で、その中には、医師の診断書や検査結果などの書類もあるでしょう。そのほかにも、過去に遡って、予防接種を受けた証拠書類を集める必要があります。

また、実際の訴状作成や、その後の裁判をスムーズに進めるために、専門家の知識や実績は重要でしょう。

一般的には、お願いしようと考えている法律事務所が、そもそもB型肝炎訴訟を取り扱った実績が多数あるか、B型肝炎を検査する専門医との連携があるか、など、B型肝炎についての知識と実績があることが大切と思われている傾向があります。

しかし、B型肝炎訴訟は、訴訟という言葉こそ入っているものの、病状によりもらえる給付金の金額も決まっており、正しい手続きを踏んでさえいれば、結果はどこの法律事務所でもさほど変わらないものです。

そのため、法律事務所を選ぶときに重視したい大きなポイントは、弁護士費用といえるのです。

もちろん、その人が置かれている状況によっては、医師と提携している事務所だったり、すぐに足を運んで相談できる事務所の方が安心感が高いこともあるでしょう。

ただ知識として、弁護士費用は法律事務所ごとに自由に決められることを知っておくとよいと思います。

和解によって支払われる弁護士費用の補助金は4%と決まっているため、実際の弁護士費用との差額は自分がもらえるお金となります。

訴訟手続きのための印紙代や郵券代は実費でかかるため、弁護士費用が安くなれば、その実費分の負担も少なくて済みますね。

▲ページトップ