B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎訴訟(裁判)の基礎知識 » 訴訟の流れ

訴訟の流れ

ここでは、B型肝炎訴訟の流れ、和解までの期間について調べたことをまとめています。

B型肝炎訴訟の和解までの期間は?

カレンダー

B型肝炎訴訟は、訴訟と名のつく通り、訴訟を起こす必要があります。つまり、民事裁判です。

「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」では、和解期間が定められていて、施行日である平成24年1月13日から平成34年1月12日までに、国に対して請求の訴えを起こさなければなりません。

提訴すると決めた場合、まず、提訴に必要な書類を集めます。

実際に、どのような書類が必要になるのか、それぞれの感染経緯や揃えられる書類にもよることから、法律事務所などに相談するのが早いでしょう。

提訴においても、法律事務所に一任してしまえば、実際に、本人が裁判所に出向く必要はなく、弁護士がすべて進めてくれます。

ちなみに、弁護士が行う訴訟の流れは以下の通りです。

  • 弁護士は、B型肝炎書類とともに訴状を裁判所に提出します。
  • 裁判所では、弁護士と法廷期日の調整を行い、期日を決定します。
  • 期日が決まると、弁護士が期日請書を裁判所に提出。裁判の日時が決まります。
  • 期日が決まると、裁判所から国に対して、訴状と呼出状を送ることになります。
  • 送られた被告(国)は、法廷1週間前に答弁書を裁判所に提出します。
  • そして、裁判当日を迎えます。
  • この裁判では、裁判所がお互いの書面を確認し、訴状を陳述します。

B型肝炎給付対象者だという証拠がきちんと揃っていれば、和解交渉に入り、変に時間が掛かることなく和解が成立するでしょう。

証拠書類に問題がなければ、早くて6カ月、少し長引いたとしても1年程度で和解が成立するものと思われます。

このように、裁判の流れをみても、訴状を作成・提出したり、裁判日時を決めて出廷したり、和解交渉の場についたりと、専門的な知識を必要とするものが多く、個人で行うことは大変です。

しかし逆に、弁護士に頼んでしまえばすべて弁護士が代行してくれるので、本人負担は非常に軽くなるでしょう。

▲ページトップ