B型肝炎給付金制度HOME » B型肝炎訴訟(裁判)の基礎知識 » 【番外】知っておきたい用語集

【番外】知っておきたい用語集

B型肝炎に関係する、ちょっと難しい言葉をまとめてみます。

B型肝炎訴訟に関係する用語一覧

  • B型肝炎特別措置法

正式には、「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」と言います。

過去の集団予防接種等での注射器連続使用により、B型肝炎ウィルスに感染した者、その感染者から母子感染した者を対象に、給付金が支払われます。給付金の金額は病状によりあらかじめ決められていて、給付を受けるためには、訴訟を起こして和解する必要があります。

  • 無症候性キャリア

B型肝炎ウィルスには感染しているものの、特に、病気を発症していない方を言います。ただ、その後慢性肝炎に発展する確率も高く、経過観察は必要でしょう。

B型肝炎給付金の対象で、無症候性キャリアの場合でも給付金が支払われることになります。しかし無症候性キャリアの場合は、感染時、つまり予防接種をした時から20年で除斥期間が終了してしまうため、それを過ぎると、もらえる給付金の額は安くなってしまいます。

  • 除斥期間

法律関係の用語で、一定期間の経過によって権利が消滅する制度を言います。民法においては、除斥期間を20年としており、B型肝炎訴訟についても、対象者となったその日から20年の除斥期間を設けています。

除斥期間を過ぎると、請求はできますが、給付金額は非常に安いものとなってしまいます。

  • 接種痕

B型肝炎給付金の対象者は、昭和23年~昭和63年までに集団予防接種等をして感染した者が対象となりますが、かなり過去にさかのぼるため、母子手帳や行政の予防接種台帳など、予防接種を行った記録が残っていないこともあります。

その場合、実際に腕に接種痕があるかなどでも、予防接種を受けた証拠となりうることがあります。

▲ページトップ